子宝観音の縁起由来

子宝・子育てに本願をおく子宝観音と千葉厄除け不動尊の縁起由来

千葉厄除け不動尊の境内に鎮座する子宝観音・子宝堂。子授けをはじめ安産・お宮参り・七五三・節句祝いなど、子育てのお祝い祈願・祝祷を行っています

厄除け不動明王

力のお不動さま

千葉厄除け不動尊は、鎌倉中期筑前大宰府の妙泉法印により開山された寺院で、鎌倉時代から室町時代にかけて、鎮西奉行として九州において、強力な勢力を持った太宰小弐 武藤嘉頼(法名・・東月寺大同香華院)また、鎌倉初期から江戸幕末まで34代続いた対馬藩十万石の九代宗成職(法名・・妙泉寺殿)が祀られている、歴史のある古刹です。

平成元年 当山中興第五十三世徳道上人により千葉市と八街市、東金市の三市にまたがる緑の地「山田台」にそのご本尊 釈迦如来、阿弥陀如来像を遷座し、その歴史と伝統を受け継ぎ併せて、厄除け不動明王、愛染明王を勧請し、諸堂を整備。

その間、観音寺、浄林寺、東光寺等十二ヶ寺を統合、山号を関叡山に改称。爾来、関東におけるご本尊のご誓願宣揚と仏法興隆衆生救済、密教,顕教の根本道場として多くの檀信徒の信援を得ています。

千葉厄除け不動尊は、厄除け・方位除け祈願のほかに、子授けから安産祈願・誕生初宮参り・七五三などの"子育て祈願"を一環して行っております。

子宝堂・子宝観音

子宝・子育てにご利益あり

子宝観音は、子宝 子育てに本願をおく観音さまで、夫婦の間に子宝を、生まれきた赤ちゃんの成長を温かく見守ってくださっています。

夫婦の祈り、願いを子宝観音に届け、幸せを招く子宝を、元気な赤ちゃんを授かりますよう子宝観音に祈願します。
護摩堂にも、子宝観音をお祀りし、御護摩修法にてご祈願を厳修しています。

古来より日本各地のお寺や神社で、子宝・子授けのさまざまな祈願の風習や習慣があります。子授けとは夫婦和合の祈願でもあり、古くより行われている日本各地の行事もさまざまなものがあります。
当山では、子宝観音をお祀りし、子授けから安産成就・誕生初宮参り(お宮参り)・七五三参り・十三歳参り・節句祝い祈願などの祝祷 “子育てお祝い祈願”に力を入れており、毎日ご祈願を行っています。

祈願時間: 11:30・13:30・15:30 に祈願を厳修。

※時間20分前までに受付をお済ませ下さい。

初穂料(祈願料)は、各ページをご覧ください。

・厄除け不動明王  ・愛染明王  ・子安地蔵尊  ・子宝観音