水子のお参り

当山で正式にご供養をされたあとは、地蔵堂・子安地蔵尊でお参りができます。大晦日の一日を除いて毎日地蔵堂を開門しておりますのでお参りください。

苦しんでいる我が子を救うために
正式なご供養をしてあげましょう

水子供養のお寺で知られる関東水子供養霊場 特別札所 千葉子安地蔵尊には個別での正式な水子供養をと、東京都 神奈川 埼玉 茨城 千葉県など、関東はじめ全国からお越しになっています。

また、遠方で来られない方も正式な水子供養が出来るようにと、全国から欠席でのご供養も受付けております。

ご供養に来られる方の中には、心身を痛められ『どうしたらよいのかわからない』という方もいらっしゃいますが、ご供養をしていなければ我が子は不成仏霊のままなのです。

出来るだけ早く、我が子を無間の苦しみから救う正式な水子供養をしましょう。
さんげ地蔵さま

水子のお参りの際にこちらでもお参りします。
この世に産んであげることが出来なかった事をざんげし、水子(子供)の冥福を祈ります。

水子のお参り

水子のお参り

当山は、関東水子供養霊場 特別札所で、日々多くのご供養を執り行っています。

そして、水子供養を終えた後、お参りをされる方も多く香煙が絶えません。

お参りの際は、まず地蔵堂内へ上がって、水子をお守りいただいているご本尊(子安地蔵尊)に手を合わせ、お供え物やお花をお供えし冥福を祈ります。

また、境内にある、ざんげ地蔵さまや六地蔵さまにも手を合わせ灯明(ろうそく)、お線香をあげます。

六地蔵さま
人は亡くなると、天上界、人界、阿修羅界、餓鬼界、畜生界、地獄界のいずれかに行くといわれています。
願わくばより上の界へ行けるよう日々精進しなければなりません。
水子(子供)の冥福を祈り手を合わせます。