子授け・安産・お宮参り・七五三の祝祷

子は宝。子を授かり、無事に生まれ来ることを祈り、幸せを招く子供の健やかなる成長を願って子育てのお祝いのご祈願・祝祷

子授け・安産・お宮参り・七五三の子育て祝い祈願

子授け・子宝祈願

子は宝。夫婦の願いをこめて

ご夫婦の祈り、願いが 神仏に共鳴し子宝 誕生。
子宝・子育てのご本尊“子宝観音”のご宝前にて祈願を厳修します。
護摩堂にて、子宝を、元気な赤ちゃんを授かりますよう子授け祈願 加持祈祷をして、祈願後にお札をご授与いたします。
当山は、子授けに始まり、安産成就・誕生初参り・七五三参り・十三歳参り・初節句祝いなどの”子育て祈願”を年間を通し毎日行っております。

安産祈願

安心 安全を願い 無事生まれきますように

妊娠5ヶ月頃に安産祈願 加持祈祷をします。祈願された腹帯をお授けします。
着帯の祝いとは、胎児の健全発育を願い妊婦が腹帯を締めるお祝いです。
古くより、犬が安産体質なことから犬にあやかって戌の日に安産祈願をすることが多くなりましたが、妊婦さんの体調の良い日にお越しいただくのも良いでしょう。
当山では、安産成就の“子宝観音”のご宝前にて安産祈願を厳修し、お札・腹帯をお授けします。祈願のあとは、出産まで心安らかにお過ごし下さい。

お宮参り祈願(誕生初参り)

無事、生まれきたことに感謝して

ご出産おめでとうございます。
地域により異なりますが、誕生初参りは赤ちゃんが外出できるようになる生後一ヶ月頃に誕生初参り(お宮参り)をして、健やかなる成長を祈願します。
当山のご本尊、不動明王と子宝 子育ての“子宝観音”の御前にて、子供の心身ともに健康に育ちますよう御護摩加持祈祷により神仏の守りを入れます。
祈願後に、加持祈祷した肌着等をお授けします。
お宮参りは、誕生初参り・初宮参りともいわれます。

七五三参り祈願

これまでの無事と成長に感謝して

現代のような医療が無い時代、3歳・5歳・7歳と子供が元気で生きていく事は大変なことでした。
これまでの無事に感謝し、今後の子供の成長と健康を祈念して七五三参りの祈願 加持祈祷を行います。
女児は3歳と7歳に、男児は3歳と5歳に七五三参り 身体健勝のご祈願を受けます。祈願後、お札と千歳あめ等の授与品をご用意し記念写真をお撮りします。
※七五三は11月15日ですが、当山では10月~12月迄厳修しています

節句祝い祈願

桃の節句・端午の節句と初節句

生後はじめての初節句や、節句の時期に節句祝いの祈願をします。ご自宅では節句飾りをして、ご家族で団らんし子供のお祝いをしてあげます。

 ○男児:五月五日の端午の節句(こどもの日)

 ○女児:三月三日の桃の節句(ひな祭り)

当山は、桃の節句・端午の節句の時期に、節句飾り人形や鎧兜・鯉のぼりなどをお飾りしております。

十三歳参り祈願

大人への転換期を迎える

数えで十三歳になる歳に、子供から大人への転換期を無事乗り越えて、立派に成長しますようにと願う、たいへん意義のある祈願です。

十三歳ですと中学生になりますが、七五三に次いでお祝いしてあげたい行事です。

成人祝い祈願

成人奉告祭

かつては、元服という現在の成人式に該当する儀式がありました。
成人式を機に、人生の志を立てるという大事な時期です。
社会の荒波に負けませぬよう、そして成人の門出をお祝いする行事です。

歳祝い祈願

ご家族にとっては大事な親孝行です

これまでの人生、山あり谷ありといえども、これまで生きてこれたことに感謝し、これからも心身ともに健康でありますよう神仏に祈願します。
皆さん、照れながらも非常に喜ばれます。

 ●古希: 七十歳 ●喜寿: 七十七歳
 ●傘寿: 八十歳 ●米寿: 八十八歳
 ●卒寿: 九十歳 ●白寿: 九十九歳