御護摩とは・密教伝統の御護摩修法

力のお不動の御護摩祈願

当山は天台密教 護摩修法による御護摩加持祈祷で不動明王尊にご祈願します。
御護摩とは、不動明王尊の大いなる力をいただき、人間の苦悩(業、煩悩、無明)を薪として焼き尽くし、祈願者の心中にある神性 仏性の芽に不動明王尊の神秘の力、護りを入れるという密教伝統の祈願法です。

人生で良いことや良くないことが起こるのは常ですが、運気が弱っているときには厄除け・厄払い等のご祈願をして弱った運気を強くしていかなければなりません。

厄年には、厄除け・厄払い祈願を、星回りの良くない年には方位除け祈願をして、一年の無事平穏と発展を祈願しましょう。

また、厄年にあたらない場合も、
『何をやってもうまくいかない』『良くなるはずのことがいかない』『家族が次々に事故や災難に遭う』
という方は“厄”の状態といえます。

力のお不動 厄除不動明王

関東厄よけ三不動 千葉厄除け不動尊は“力のお不動”で、厄除け・厄払い・方位除け・病気平癒・交通安全に力ありのお不動さまです。
力のお不動・不動明王
不動明王は大日如来の化身。大宇宙の最高仏の成り代わったお姿で、人々の心の迷い・煩悩を取り除いて救うため、人間の弱い心・悪い心に向けて怖い忿怒の相をしておられます。
背中に背負われている燃え盛る炎は我々人間を救うために燃えるお姿を現しています。
右手に持つ智剣は、人間の煩悩・心の迷いを断ち切り、左手の縄で、人々の煩悩を縛って正しい道へと導びこうとされています。

願わくば、心に不動明王さまを想い、“今”があることに感謝して暮らし、自分の弱い部分・悪い部分を戒めて自分を律し、本当の幸せとは何か?と目覚めたいものです。
弱い私たち人間だからこそ、幸せに生きる道を気づかせてくれる強い不動明王さまが必要なのではないでしょうか。

ご祈願お申込み方法

来寺での祈願の場合

御護摩祈願は、祈願時間の30分ほど前までに総合受付にお越し下さい。

各種ご祈願<祈願時間・初穂料(祈願料)>

ご祈願は年間を通し毎日行っています。

二月以降は毎日、11:30 13:30 15:30 の3座 厳修

 

欠席での祈願の場合

お越しになれない方のご祈願

欠席祈願<来られないかたのご祈願>

【御護摩祈願】

御護摩祈願とは  ・各種ご祈願  ・欠席でのご祈願

【厄年と厄除け・厄払い】

厄年とは<厄除けと厄払い>  ・厄年早見表

【方位除け・八方塞がり・八方除け】

方位除け・八方塞がり  ・方位除け年齢表・九星星回り  ・八方除け