不滅の法灯

千葉厄除け不動尊の縁起由来

当山の歴史とご本尊

当山の成り立ちと千葉厄除け不動尊の不動明王さまの由来をご紹介します。
千葉厄除け不動尊は鎌倉中期筑前大宰府の妙泉法印により開山された寺院です。
鎌倉から室町にかけて、鎮西奉行として九州に於いて強力な勢力を持った太宰小弐武藤嘉頼(法名:東月寺大同公香華院)また鎌倉初期から江戸幕末まで34代続いた対馬藩十万石の九代宗成職 (法名:妙泉寺殿)がまつられている、歴史のある古刹です。

その御本尊阿弥陀如来像を遷座し、その歴史と伝統を受け継ぎ併せて厄除け不動明王を勧請し、千葉市と八街市,東金市の三市にまたがる豊かな緑の地「山田台」に建立されました。

当山は比叡山延暦寺を総本山とする天台宗の総合仏教寺院で、御護摩祈願などの密教、妙法蓮華経や阿弥陀念仏などの顕教を両立した根本道場です。

爾来、関東における御本尊の御誓願宣揚と仏法興隆、衆生救済の根本道場として、多くの檀信徒のご信援を得ています。


願いが叶う力のお不動

関東厄よけ三不動 千葉厄除け不動尊へは、新年初詣から年間を通して御護摩祈願・不動尊参拝に、関東は千葉県・東京都・神奈川県・埼玉県・茨城県等から多くの参拝者が訪れています。
当山鎮座のお不動さまは“厄除け不動明王”といい、厄除け・厄払い・方位除け・八方除け・病気平癒に力ありといわれる“力のお不動”で、人々の心中にある貪・瞋・痴(貪り・怒り・愚かさ)を除いて運気を高め、諸々の願いを成就にお導きくださります。
怖い憤怒の相をしておられますが、これは人々の心の弱い部分・悪い部分に向けておられます。背負われている炎は我々をお救いくださるために燃える不動明王さまのお姿を現しています。
お不動さまは、人々の心中に住まわれていて、求めるならば誰の心の中にもおられます。
それ故に、お不動さまを信奉する人多く、お不動さまへのお参りや御護摩祈願をされる信者さんが多くいらっしゃいます。
皆様の心の中にあるお不動さまを感じていただき、幸せとは何かに気づき、幸福な生き方を・幸せに生きる道を体得されますよう心より願っております。

当山は日本仏教の母山 比叡山延暦寺を総本山とする天台宗の寺院です。
天台密教の古くより伝わる密教祈祷護摩の炎で不動明王さまへご供養し、皆さまの厄除け・厄払い等の願いを不動明王さまに聞き届けていただき、低迷した運気を上げ、不動明王さまのお力をいただく祈願法です。
どうぞ、不動明王さまの神気にふれ、神秘の力をいただく不動護摩のご祈願にお越しください。

各御堂のご本尊

千葉厄除け不動尊に鎮座される護摩堂・愛染神社・回向堂など諸堂のご本尊をご紹介します。
厄除け不動明王
厄除け不動明王(護摩堂)
愛染明王
愛染明王(愛染神社・縁結び大社)
阿弥陀如来
阿弥陀如来(回向堂)
動物慈愛観音
動物慈愛観音(観音堂)  
子宝観音
子宝観音(子宝堂)
子安地蔵尊
千葉子安地蔵尊(地蔵堂)